2016年10月30日

これからの季節、雪がチラついてきたら 付録バッグ で乗り切る

★キーワード★
otona MUSE オトナミューズ
MUSE 付録 ショルダーバッグ
アダム エ ロペ 上質 レザーバッグ
雑誌付録 バッグ フェイクレザー
本革バッグ メンテナンス 水濡れ 雨ジミ ヌメ革
ルイヴィトン LOUIS VUITTON バッグ
ルイヴィトン デニム ミニライン
LOUIS VUITTON ジャンヌ ショルダー バッグ
ルイヴィトン ジュリエット ショルダー
ルイヴィトン ヌメ革 お手入れ



最近、ミニショルダー に サブバッグ として キャンパスバッグ や コットンバッグ、エコバッグ などをコンビ使いしています。





お会計の際など、さっと取り出しやすいよう、ミニショルダー にお財布や鍵をイン。

でも、これからの季節、雪がチラついてくると、暴風雨、大雪という悪天候では、ショルダー部分や一部にヌメ革が施されていたり、デニム生地や本革バッグの水濡れや雨ジミなどが気になるところ。





天候が不安定な季節や中途半端な天気予報で、もしや帰りにひと雨降りそうな日には、あえて 雑誌付録 などのミニショルダーバッグで乗り切るのも手かなと。





以前にも、ミニボストン ショルダーバッグ がありましたが、オトナミューズ の 付録バッグ は、ニュアンスカラーやそのレザー感がフェイクでありながら、割と秀逸品が多くて、今月号のショルダーバッグもなかなかの出来(笑)。

付録バッグなら悪天候にも気にせず使えるし、もし傷んでも、ああ〜断捨離しなきゃ!というまでの気負いも手間もなく、処分する際の罪悪感もなく気軽に使えるのが利点(笑)。

防水スプレー や ツヤ出し レザークリーム などで定期的なメンテナンスで手をかけて、大切に使い続けたい愛用アイテムと一緒に、そんな感じでうまく使い分けしたいなと。







posted by Salut♪ at 12:47| Feelin My Item♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする